関東北部にある群馬県で一泊して観光できる名所

関東地方の北部にある群馬県には、一泊でも十分に楽しめる観光地が多数あります。

鶴が舞う形をした群馬県は、険しい山々と長大な利根川が流れる地形が特徴の地域です。
利根川の上流部にある水上温泉は、都心から特急列車を使って短時間で訪れることができる名所です。

水上にある温泉街からは、北側の方向に谷川連峰を望むことができます。
冬場になると、水上温泉の周辺ではスキーを楽しめます。
スキーの帰りに水上温泉で一泊すれば、体の疲れが癒やされて気分も爽快になります。

群馬県の中央部で大きくそびえる赤城山は、関東平野の中で特に目立つ複成火山です。

赤城山にはカルデラ湖の大沼や小沼があり、湿地帯の覚満淵があります。
夏場に避暑地として賑わいますが、冬場にはワカサギ釣りを楽しむことができます。

秋の季節には赤城山の紅葉を見るために、全国から多くの観光客が集まります。
赤城山の山麓にも多くの宿がありますから、一泊をして観光することもおすすめです。

赤城山から北西の方向に位置する渋川市には、関東で屈指の名湯とされる伊香保温泉があります。
上毛三山の一つに選ばれる榛名山の山麓にあるのが伊香保温泉であり、風情ある石段街があることも有名です。

伊香保温泉は茶褐色の温泉が特徴で、古くから多くの湯治客を癒してきました。
榛名山周辺へ観光に訪れた場合には、伊香保温泉にも立ち寄ることが定番です。

伊香保温泉で一泊してからは、名物の水沢うどんや温泉饅頭をおみやげとして購入することも人気です。

tagawa08