観光庁が発行して国会に提出する観光白書

観光白書は、国土交通省の外局の一つとなる観光庁が1年ごとに発行するものです。

毎年度ごとに観光に関する施策や状況をまとめて、白書として発行して国会に提出する形となります。
観光白書を閲覧することによって、観光に対する国の考え方や方針がよく理解できます。
同時に現在の問題点を探ることも可能ですから、今後の観光政策のために役立てることができます。

観光庁の観光白書には、世界規模で展開される旅行客の動向が詳しく解説されています。

世界経済の状況も把握されていて、外国人観光客の数の推移も調べられています。

平成25年度の観光白書においては、東日本大震災からの復興状況についても詳細に解説されています。

近年になって増加傾向にあるアジアからの観光客についても述べられています。
国内旅行の環境については、地域別に状況を把握して説明しています。

観光庁の考え方が分かる観光白書は、誰でも手軽に閲覧できます。

観光業者はもちろんですが、これから旅行をしようと考えている人にとっても有益な資料です。
毎年にわたって発行されますから、日本の観光の歴史を保存するためにも大きな貢献をしています。
毎年のように変わる流行や文化の記録も詳細に記述されて、後世の人たちにとっても読みやすい内容となります。

観光白書では、国別の観光客の受入数のランキングも公表されています。
数字を表した図は分かりやすい構成で、一目でどこの国が人気なのかが分かります。

客観的にランキングを参考にすれば、今後の観光政策にとってプラスとなります。

tagawa08