充実している九州の観光列車

九州は都市部から少し出るとのどかな農村部や漁村部などが数多く点在していて、食材も大変豊富です。

九州には7県がありますが、その全てが海に面しているだけではなく、それぞれ日本海に面する福岡県、佐賀県、長崎県、太平洋に面する大分県、宮崎県、鹿児島県、東シナ海に面する熊本県、長崎県西部、福岡県の一部は瀬戸内海に面し、福岡、佐賀、長崎はまた有明海に面しているように、日の出から日の入りまでを楽しめる風景が広がっています。

海だけではなく、雄大な山々の姿も荘厳で、そうした山々と海に映える太陽の反射は、九州の観光資源と申しても過言ではないでしょう。

それ故、ゆっくりと車窓を楽しむことのできる観光列車が沢山通っていることも特徴と申せます。

九州西部の景勝地を巡る超豪華特急は日本全国から注目を集めていますが、それだけではなく、いわゆるローカル線においても観光列車は豊富で、その土地土地の景色を堪能したり、味覚を味わったりと日本だけではなく諸外国からの観光客集客に一役買っています。

観光列車ブームに火を点けたグルメ列車や、ファミリー向けの観光列車などニーズに合わせた種々の列車にはリピーターも多く、最早九州における観光列車の経済効果は絶大なものとなっています。

雄大な自然と温泉、美しい海と新鮮な山海の幸。
そして観光列車。

これらは九州を物語るには切っても切り離せない特別な存在であると申せるのではないでしょうか。
四季を問わず楽しめる九州の観光列車で旅情を味わってみられてはいかがでしょう。

tagawa08