長野の観光列車について

長野県には、日本の代表的な避暑地である軽井沢があります。

夏は涼しく、冬は寒い軽井沢ですが、夏になると涼しい軽井沢へ旅行に訪れる人がたくさんいます。

また、有名人や皇族の方も訪れるところで有名です。

そんな軽井沢へは観光列車で行くことができます。
JR長野駅から軽井沢駅の間を土曜、日曜祝日、夏休みや春休みに運行している観光列車です。
3両編成で真っ赤な車体のレトロな観光列車の車内は、長野県産の木材がふんだんに使用されていて、暖かみがありぬくもりを感じることができます。

1号車は、ファミリーやグループ向けに作られた車両で中央には、キッズスペースがあり、木のボールプールや絵本などが設置されていて子供が楽しく遊ぶことができる空間になっています。

2号車は窓側を向いたカウンターやソファーが設けられていて、ゆっくりと景色を楽しむことができる車両になっています。

3号車は障子で仕切られた個室になっているので、他の乗客を気にすることがなく、ゆっくりと車内での時間を楽しむことができます。

車内では、信州の食材を使用した和食懐石や洋食のコース料理を楽しむことができます。

長野駅から軽井沢駅までの途中の駅では停車時間が通常の列車よりも長く、各駅では記念写真を撮ることができたり乗客用にお酒の試飲のおもてなしを受けることができます。

お食事付きのプランと指定乗車券のプランがあり、お食事付きのプランは乗車日の2ヶ月前から、指定乗車券のプランは乗車日の1ヶ月前から発売しています。

tagawa08